新型コロナウイルスのワクチンを打ったよ(1回目)

f:id:woodstock11:20210801234120j:plain

 

こんにちは。

みんなのアイドルwoodstockです。

 

今回は、先日一回目の新型コロナウイルスワクチン接種をしてきたので、そのレポートというか食レポというかそういう感じのやつをやっていこうと思います。

 

自分は医療系の学部で病院実習などもあることから、年齢にしては早い時期にワクチンの順番が回ってきたんじゃないかなと思っています。ありがたや。

僕の周りの友達の接種後の様子なども伝えていこうと思うので、参考にしてみてください。

 

それではゆったりレポっていきます。

 

 

 

接種時の話など

 

ではまず接種の前後の話をしたいと思います。

 

僕は午前中にワクチンを打ったのですが、接種会場に向かう間や、入るまでに謎の全能感を得ていました。

これから新しい自分に生まれ変わることへの希望や高揚感からくるものなのでしょうか。

理由はわかりませんが、とにかくとてもワクワクしていました。

 

ところがどっこい、いざ列に並んで自分の接種の順番が近づいてくると、急に不安になってきたのです。

この時の自分の情緒の動きは、直前になってジェットコースターが怖くなる例のあの現象を見事にトレースしてましたね。

 

そんなこんなでビビりまくりながら打ったワクチンでしたが、打った時の痛さはほとんどなく、インフルエンザ予防接種と比べても数段ましだったかなと思います。

また、針が刺さっている時間も2~3秒くらいと短かかったので不快感も少なかったです。

 

接種した後はアナフィラキシーショックなどが発症しないかを経過観察する必要があるので、15分ほど安静にしておく必要がありました。

そこのスペースで座っているときに気が付いたのですが、ほとんどの女の人は肩出しの服装で来ていました。おそらく接種しやすいようにだと思います。

その光景が僕や一緒に接種した友達にとって非常に心地よく、気づけば15分以上安静にしていました。なぜかはまだよくわかっていません。

 

そして名残惜しい気持ちを全力で抑えながら接種会場を後にしました。もちろん、これからワクチンを打つ友達にめちゃくちゃ痛くてみんな叫んでたよ~とビビらせることも忘れずに。

 

副反応

 

続いて副反応についてです。

僕は左の肩にワクチンを打ったのですが、その日の午後くらいから左腕の肩周辺が痛くなってきました。

しかしそんなに激痛というわけでもなく、夜に寝返りを打つことはできました。

 

接種した次の日には、腕の痛さが強くなっていました。左腕が肩から上には挙がりませんでしたし、その日の夜は寝返りを打つこともできませんでした。

ただ、次の朝に起きたらだいぶマシになっていて、肩を挙げることもできるようになっていました。

 

このように僕は比較的軽度の症状しか出ませんでしたが、友達の中には発熱して次の日に学校を休んだ人や、発疹が出た人、倦怠感が出た人、なぜかそこを虫に嚙まれてかゆみで搔きすぎて赤くなっている人など、いろんな人がいました。

症状の種類や重さは、本当に個人差があるっていう印象を受けました。

しかし、全く副作用がなく、何の症状も出ていないという人は僕の観測範囲ではいませんでした。

 

 

 

2回目に向けて

 

自分は1回目の接種では運よく副反応が少なかったですが、2回目の副反応が今回のようにとても軽度であるということは考えにくいと思っています。

実際、自分の知り合いで実習日程の関係で早めにワクチンを打っていた人たちの多くは38度以上の発熱や、数日の倦怠感を経験したと言っています。

 

このような話を聞いて、次の接種では本格的な副反応が出てくると思うと少し怖い気持ちもありますが、かつての日常を取り戻す一環としてもやはり打ちたいという気持ちの方が強いですね笑

もう解熱薬も用意してますし、一か月後よどんと来いといった感じです。

なぜこんなにも前向きな気持ちを持てているのかはよくわかりません。

きわめて個人的な意見を言うとすれば、最大の心の支えは、15分以上安静にしてしまうその景色にあるのではないかと密かに睨んでいる次第であります。

 

ではまた。 

 

 

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村