本当は意味ない!?集中できると話題のGABA配合食品について

f:id:woodstock11:20210914134011j:plain

 

みなさんこんにちは。woodstockです。

 

今回は、ストレス軽減になり、集中できるようになると噂の「GABA製品」について話していこうと思います。

 

実はそこには意外な落とし穴があったりするのです…

 

それではさっそくいってみましょう~

 

 

 

 

ついつい買っちゃうGABA製品

 

突然ですが、みなさんはGABA製品を食べたことがありますか?

 

有名なお菓子だとグリコのGABAチョコレートなどがありますよね。

 

実は僕はあれがけっこう好きで、勉強しているときとかに食べてたりします。

なんか普通のチョコよりおいしい気がするし、宣伝にあるように集中できる気がしますよね。

 

ただ実際にはそれほど効果はないんじゃないかなと思ってたりします。

その理由を解説していきますね。

 

GABAってそもそも何のこと?

f:id:woodstock11:20210914131136j:plain

 

ではまず「GABA」が何者なのかということについて簡単に説明します。

 

GABAは、天然のアミノ酸の一種で、正式には「γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)」といいます。

その頭文字を取って「GABA」という略称で呼ばれています。

 

GABAは特に脳や脊髄などの中枢神経系で神経伝達物質として働き、ストレスを和らげて興奮を鎮める効果があるとされている成分です。

 

神経伝達物質には「興奮性」のものと「抑制性」のものがあるのですが、GABAは抑制性の神経伝達物質に分類されます。

つまり車のブレーキのような役割を持っているということです。

 

ここまで聞くと、

 

「それならGABA含有食品を食べたら、それが脳に送られて抑制性の神経伝達物質としてはたらくからリラックス効果や対ストレス効果が得られるじゃないか!」

 

という声が聞こえてきそうです。論理的な人だ。

 

実はこれが起こりえない理由を説明するにあたって、人間の体のすごい仕組み「血液脳関門(BBB)」について解説する必要があります。

 

血液脳関門(BBB)とは

f:id:woodstock11:20210914131706j:plain

 

では先ほど紹介した血液脳関門、通称BBB(blood-brain barrier)という人体の神秘的なつくりについて説明したいと思います。

 

一言でいうと、血液脳関門とは血液と脳の間の物質移動を厳しく制限しているフィルターのようなものです。

中枢神経系内部の環境を一定に保つために存在し、具体的にはグルコースやガス(酸素など)は通しますが、細菌やタンパク質などの不要物は通しません。

 

ちなみに多くの抗がん剤はBBBを通過することができないので、脳腫瘍に抗がん剤を用いることは少ないです。

 

まとめると、厳しい検査の結果認められた物質のみが脳内へ入れるということになります。

 

さてここで気になるのが「GABAはこの厳しい検査を抜けられるのか」ということですよね。

結論から言うと、GABAはこの血液脳関門を通過することができません。 

 

つまりGABAは,脳内において抑制性神経伝達物質として重要な役割を担っているが、体の外から摂取し吸収されたGABAが血液脳関門を通過し脳内に移行することは殆んどないというわけです。

 

これが、GABAによるリラックス効果や集中力の向上は見られないんじゃないかという根拠です。

 

しかし、GABA配合食品を食べたあとはなんだか集中できる気がする、という経験をした人は少なくないのではないでしょうか。

 

実は僕もそのうちの1人です。

ではなぜ集中できるような気がするのでしょうか?

 

 

 

プラセボ効果

f:id:woodstock11:20210914132214j:plain

 

実はその原因は「プラセボ(プラシーボ)効果」というものにあるのではないかと言われています。

 

みなさんはこの「プラセボ効果」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

プラセボ効果とは、偽薬(本来は薬としての効果を持たない物質)を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる現象のことです。(普通の飴を酔い止めと思い込ませて舐めさせると酔いがおさまるといった現象)

 

簡単に言ってしまえば、効かない薬でも効くと思って飲めば効果が出ちゃうことですね。

 

ちなみに、偽薬を本物の薬と信じて使うことで本来出るはずのない副作用が出る効果の事をノセボ効果と言います。プラセボ効果の逆バージョンです。

 

集中力が上がるのはなぜ?

 

つまるところ、なぜGABA配合のチョコを食べると集中できる気がするのかというと、それはプラセボ効果によるものが大きいのではないかということです。

 

他にも、ブドウ糖が脳の働きを助けている(脳は基本的にブドウ糖しかエネルギー源として使えない)といった理由も考えられますが、そこまで即効性があるとは考えにくいです。

 

結論として何が言いたいかというと

 

やる気は気持ち次第

 

ってことです。

 

GABAチョコレートを食べて集中力が上がったのであれば、それはGABAの作用ではなく思い込み、つまり気持ちの面での影響が大きいということです。

 

集中力や、やる気のスイッチは自分で見つけて押すしかないのではないでしょうか。

 

ただ、そのきっかけとして甘いものやGABA配合のお菓子を食べることは別に悪いことでも何でもありません。

 

まとめ

 

今回はGABA製品が科学的に効果があるのかということを勝手に検証していきました。

 

大事なことは、きちんとした知識を付けて間違った情報に踊らされないようにすることです。

GABAが脳にどんどん作用する!と思って買うのと、正確な事実を知ったうえで買うのでは意味が全く違います。

 

ちなみに僕は今GABAチョコレートを食べながら作業をしていますが、めちゃくちゃ脳に効いてはかどっています。

GABAチョコやっぱ最高だわ。

 

 

…さてこの記事でネタにされた話題になった、僕の愛用するチョコはこちらです。

キめたい方はぜひ1度お試しあれ。

 

 

 

 

ではまた。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村